主催者情報

セブン・ジェネレーションズとは

ブン・ジェネレーションズ(Seven Generations)は、チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムを初めて日本に紹介した榎本英剛によって2009年4月に設立され、2011年3月に特定非営利活動法人(NPO)として成立しました。

セブン・ジェネレーションズとは「7世代」を意味し、アメリカの先住民が何かを決断する際、必ず7世代あとの子孫に与える影響を考慮するという風習を指すと同時に、「7つのものを生み出す」という意味もあり、この活動を通じて「気づき・智恵・つながり・ビジョン・行動・勇気・希望」の7つを生み出すことで未来の世代に持続可能で公正な世界を受け渡したいという想いを込めています。

イメージ2

団体概要

名称 特定非営利活動法人セブン・ジェネレーションズ
設立 2009年3月15日(2011年3月特定非営利活動法人として成立)
所在地 東京都中央区
連絡先 電話:03-6228-7605
メールアドレス:info@sevengenerations.or.jp
HP http://www.sevengenerations.or.jp/
理事メンバー 代表理事:赤塚丈彦、宇佐見博志
理事 3名 監事 2名
定款 定款(2014年7月)

2012年度の主な活動

1.社会教育事業
2.人材育成助成事業
3.普及啓発事業
4.研究調査事業
5.他団体との情報交換及びコミュニティの構築事業
6.その他目的を達成するために必要な事業
※2014年の主な活動 ⇒ 2014年度アニュアルレポート

イメージ1イメージ2イメージ3

ミッション(使命)

わたしたちは、
持続可能で公正な未来を実現するために、
目覚め続ける世界市民のコミュニティを育みます。

イメージ4

バリュー(価値観)

ブン・ジェネレーションズは、次の7つの価値観に根ざして活動を展開しています。

1.人
この活動に参加するすべての人を尊重します。そして参加しないすべての人も尊重します。目指すビジョンを実現するのは人。かけがえのない人と人がここに集い、この活動がはじまりました。
2.つながり
すべての存在とのつながりを感じます。自分につながるすべての人。生きとし生けるもの。身の回りにある道具。自分が食する食べ物。そして地球。すべてのものとのつながりに思いを馳せます。
3.対話
心を開いて対話することを実践します。お互いの心の中にある声に耳を傾け、お互いの人そのものに興味を持って言葉を紡ぎ合います。
4.プロセス
プロセスを大切に扱います。今、そこに葛藤があったとしても、プロセスを丁寧に踏むことで未来への智慧が見つかります。そしてその智慧の中から結果が自ら姿を現すことを信じます。
5.オープン
この活動の場はすべてオープンなスペースです。つまりこの場への出入りは自由であり、安心してそれぞれの想いに沿って活動・発言ができる自由があります。そして、この場にある智慧、情報、出来事は場の外に向けても開かれています。
6.問い
常に問いを持ち続けます。言葉を手にした瞬間から「思い込み」がはじまります。さらに問いを持ち、言葉を更新し続けること。言葉にならないものに問いかけ、言葉にしていくことに挑戦します。
7.体現
わたしたちは、わたしたちの願いを体現する集まりです。外に求めるだけでなく、謙虚に自分達のビジョンを 自分達で示すことを意図して活動します。
pagetop