チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムについて

チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウムとは

界を広く見渡せば、地球温暖化を含む環境の破壊はとどまるところを知らず進行しています。また、人種差別の問題は未だ根強く残り、貧富の格差はますます広がる社会になっています。さらには、生きづらさから精神的に追い詰められていく人たちの数は洋の東西を問わず日に日に増えています。

誰しもこのような問題に直面したことがあると思います。そして、次のような問いを自問したのではないでしょうか?

「いったい、何が今世界で起きているのか?」「そもそも、どうしてこんなことになってしまったのか?」「これから、どんな可能性があり得るのか?」「そのために、どこから始めればいいのか?」

イメージ1

【チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム】は、これらの問いに対して、答えを提供するというよりも、一人ひとりが深く考え、自分なりの答えを見つけていただくきっかけを提供するための参加体験型プログラムです。

あなたはこの世の中に何を残していきますか?

参加型プログラム

ンポジウムといっても、ただ話を聴くだけのプログラムではありません。
様々な科学的データ、各界の著名人や専門家に対するインタビュー、心に残る映像を見ていただきながら、これらの情報をより深く体感するための演習や参加者同士で感じたことをシェアするなど、実際に一人ひとりが自分なりの答えを見つけていくために参加し体験していくプログラムです。

シンポジウムの様子
イメージ2イメージ3イメージ4

プログラムの起源

のプログラムはパチャママ・アライアンス(The Pachamama Alliance)というアメリカのNPO法人が、南米アマゾン流域で昔ながらの伝統的な暮らしを守り続けている先住民「アチュア族」からの呼びかけに応える形で開発したものです。
日本においては、NPO法人セブン・ジェネレーションズが提供しています。今かなりの勢いで世界に広がりつつあり、現在、北南米・ヨーロッパ・オセアニア・アジア・アフリカなど世界中で提供されています。

※パチャママ・アライアンスは1995年、ビル・ツイスト、リン・ツイスト夫妻によって創設されたアメリカに本部を置く非営利法人です。「先住民が自らの力で熱帯雨林を保護するのを支援する」、「持続可能かつ公正な世界という新たなビジョンの創造に貢献する」という2つのミッションを掲げています。

NPO法人セブン・ジェネレーションズ

イメージ5
予告編「ウィンド・スピリット」(2’50”)
予告編「ウィンド・スピリット」(2’50”)
WOMBAT(日本語版)(1’02”)
WOMBAT(日本語版)(1’02”)
予告編「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」(4’00”)
予告編「チェンジ・ザ・ドリーム シンポジウム」(4’00”)

シンポジウム参加における留意点

学生以上であれば、問題なくご理解いただける内容となっておりますが、ご希望であれば小学生でもご参加いただけます。
このプログラムはすべて参加していただいて初めて意味を持ってくるものですので、途中参加及び途中退場はご遠慮願います。
体を動かしていただくこともありますので、動きやすい格好でご参加ください。

「チェンジ・ザ・ドリーム」シンポジウムに参加して、始めた私のチェンジ
pagetop